旅のご案内

  • ホーム
  • 7つの品質宣言
  • 催行状況確認
  • 乗り場案内
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • ご予約方法
  • お問い合わせ

スキー&スノーボード

東京ディズニーリゾートへの旅

ブログ

瀬戸芸ディレクター 北川フラム氏の解説付!女木島名画座上映会&島で食べるディナー

瀬戸芸ディレクター 北川フラム氏の解説付!女木島名画座上映会&島で食べるディナー

5/12(土)

8,000円

香川

朝× 昼× 夜○

KTS233

ポイント
キャンセル待ちも出た大好評の「女木島名画座上映会」を今年も開催します!島の夜を満喫し、帰りのチャーター船からは高松の夜景も楽しめるレアプラン。25名様限定。
<夕食>レアンドロ・エルリッヒの作品が併設されているレストランで、夕食を頂きます。今回の料理人は、岸本等さん。瀬戸内『食』のフラム塾」修了生であり、小豆島坂手地区の食プロジェクト「本から生まれる一皿」を企画・実施しています。
<上映作品>『裸の島』(モノクロ、シネマスコープ、95分)(1960年公開)
監督・脚本・美術:新藤兼人 製作:松浦榮策、新藤兼人 音楽:林光 撮影:黒田清巳
出演:乙羽信子、殿山泰司ほか
配給:近代映画協会
ロケ地:宿禰島(すくねじま)

概要:撮影期間1ヶ月、500万円の低予算で製作された。セリフを排した実験的な作品で、孤島で自給自足の生活を行う4人の家族の葛藤を描いている。作品はモスクワ国際映画祭グランプリを始め、数々の国際映画祭で受賞、世界60カ国以上で上映された。

あらすじ:瀬戸内海の一孤島。周囲約五〇〇メートル。この島に中年の夫婦と二人の子供が生活している。孤島の土地はやせているが、夫婦の懸命な努力で、なぎさから頂上まで耕されている。春は麦をとり、夏はさつま芋をとって暮す生活である。島には水がない。畑へやる水も飲む水も、遥かに見える大きな島から伝馬船でタゴに入れて運ぶのだ。夫婦の仕事の大半は、この水を運ぶ労力に費いやされた。子供は上が太郎、下が次郎、太郎は小学校の二年生で、大きな島まで通っている。ある日、子供たちが一匹の大きな鯛を釣りあげた。夫婦は子供を連れて、遠く離れた町へ巡航船に乗っていく。鯛を金にかえて日用品を買うのだ。暑い日の午後、突然太郎が発病した。。。
※島内は徒歩散策、ゆるやかな坂道がございます。歩く時間は行程表をご覧ください。

行程表・乗り場

行程表

高松港(15:45集合/16:00出発)~<めおん>~女木島・・・徒歩5分・・・名画座 上映会(鑑賞約90分/北川フラム氏の解説)・・・徒歩1分・・・女根(ナイトプログラム鑑賞)・・・徒歩4分・・・レストラン イアラ女木(夕食60分)・・・徒歩2分・・・女木島~<チャーター小型船 約20分>~高松港(20:20着)

※高松港集合・解散となります。

乗り場

高松港

 

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

 

 

ご案内

添乗員

同行

最少催行人員

フォトギャラリー

  • 瀬戸芸ディレクター 北川フラム氏の解説付!女木島名画座上映会&島で食べるディナー

    女木島の夜

  • 瀬戸芸ディレクター 北川フラム氏の解説付!女木島名画座上映会&島で食べるディナー

    女木島名画座 館内 ※イメージ

  • 瀬戸芸ディレクター 北川フラム氏の解説付!女木島名画座上映会&島で食べるディナー

    上映作品『裸の島』


ご予約・お問い合わせは新日本ツーリスト(087-823-5678まで。)